具体的な治験情報②

全身性エリテマトーデス(SLE)の治験情報

以下の参加基準を満たすSLE 患者様を探しています。
✓ 18 歳以上 75 歳以下の方
✓ 症状が持続し、確定している SLE の方
✓ 以下の SLE 治療薬のうち、最低 1 種類以上、最高で 2 種類までを服用している方
  ➢ ミコフェノール酸モフェチル (製品名例:セルセプト🄬)
  ➢ アザチオプリン(製品名例:アザニン🄬 、イムラン🄬)
  ➢ メトトレキサート(製品名例:メソトレキセート🄬 、メトレート🄬 、 リウマトレックス🄬)
  ➢ ヒドロキシクロロキン(製品名例:プラケニル🄬)*
  ➢ ミゾリビン(製品名例 : ブレディニン🄬)
  *2剤服用されている場合、うち 1 剤はヒドロキシクロロキンでなければなりません
✓ 経口コルチコステロイド(製品名例:プレドニン🄬 、プレドニゾロン)を服用している方の場合、
  投与量は 1 日あたり 20mg 以下のプレドニゾンまたはその相当量でなければなりません
✓ 1 年以内に導入療法を必要とするループス腎炎の既往歴がないこと
✓ 1 年以内の活動性の中枢神経系( CNS )ループスの病歴がない方

治験の目的:
 炎症の原因となる分子を標的にするようにデザインされた治験薬の有効性と安全性を評価します。

治験の参加期間:
 最長 33日間のスクリーニング期間と 52週間の治療期間に加え、16週間の安全性に関する
 追跡調査期間 になります。この期間中に約 32 回来院いただくことになります。

 スクリーニング期間:これは参加者の適格性を確認するためのものです。
  ↓
 治療期間:参加者は 2つのグループのいずれかに無作為に割り当てられ、以下のいずれか
      を投与されます。全ての参加者は標準治療も継続します。
      ➢ 治験薬
      ➢ プラセボ
  ↓
 追跡調査期間:参加者の健康状態をモニタリングし、持続的な変化を評価します。

ご興味のある患者様は主治医の先生とご相談の上、 ご連絡下さい。

〔連絡先詳細①〕
  医療機関名:独立行政法人国立病院機構 千葉東病院
  所在地:千葉県千葉市中央区仁戸名町673番地
  相談窓口電話:043-261-5171

〔連絡先詳細②〕
  医療機関名:国立大学法人金沢大学附属病院  
  所在地:石川県金沢市宝町13番1号
  相談窓口電話:076-265-2049

〔連絡先詳細③〕
  医療機関名:産業医科大学病院
  所在地:福岡県北九州市八幡西区医生ケ丘1番1号

〔連絡先詳細④〕
  医療機関名:国立大学法人東北大学
  所在地:宮城県仙台市青葉区星陵町1番1号
  相談窓口電話:022-717-7165

〔連絡先詳細⑤〕
  医療機関名:国立大学法人東海国立大学機構 岐阜大学医学部附属病院
  所在地:〒501-1194 岐阜県岐阜市柳戸1番1
  相談窓口電話:080-6501-5560

〔連絡先詳細⑥〕
  医療機関名:国立病院機構東京医療センター
  所在地:〒152-8902 東京都目黒区東が丘2-5-1
  相談窓口電話:臨床研究・治験推進室 03-3411-2526
   ※お電話口で、必ず「膠原病友の会websiteの件」とお伝えください。

〔連絡先詳細⑦〕
  医療機関名:北海道大学病院
  所在地:札幌市北区北⼗四条⻄5 丁目
  相談窓口電話:011-706-7600
  相談窓口 email:tiken@med.hokudai.ac.jp

〔連絡先詳細⑧〕
  医療機関名:順天堂大学医学部附属順天堂医院
  所在地:〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3
  相談窓口 email:maki-abe@iromgroup.co.jp